Airspy HF+ Discovery

もう暫く前になりますが予約していたAirspyの新製品を入手して使ってます。
今季はVHF用にRSP1Aも入手したので物入りです(苦笑
Perseus、FDM-S2ときて比較的安価な2種が増え計4台のSDRが(^^ゞ
DSCN0014.JPG

はなぶささんにお借りしていたAirspy HF+は既にお返ししています。
直接比較が出来ませんがDiscoveryも性能的には大差ないようです。
非常に感度が高いですが抑圧も早くから受けるようで良し悪し。
上手く強い電波を回避してやれば良い受信が可能でしょう。
逆に回避しないとこんな差が。


AGC自動だから、という事ではなく、ゲインを手動で変化させてもNHK2のキャリア
(このアンテナでは指向性を外してあるので信号レベルは-22dBm程度)が出る前の感度にはなりません。
これでは聞こえる局も聞こえなくなりますよね。

追記
上はAirspyの限界を感じる比較でしたが今回はPerseusに勝る利点も発見。
朝ブラ49mb 5940AkHzのMissionariaは両脇を近隣に囲まれ厳しいですが
Perseusと聞き比べ。


SDR#のDSBは同期検波とは厳密には異なるのかもしれませんがキャリアに追従するので似たような機能になると思われます。
SDR#のほうがキャリアロックがシブトイですね(笑
カブリを受ける受信状況ではAirspy、というかSDR#に軍配上がりそうです。

この記事へのコメント