DFSのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 受信状況配信(記録)アイテム

<<   作成日時 : 2017/03/11 12:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

PC上で動作するSDRはweb上への記録、配信は大変簡単でYT等に無料保管でき、ついでに公開も出来ちゃいます。
アナログ受信機も基本は同じですがwebcamと音声をPCにブッ込むオーディオコードが必要です。
以前旧式のwebcamで配信記録していましたがwindows10に非対応の為当分休止。
デジカメ動画で記録して後でYTにUPという形にしていました。
今回安いLogicoolのwebcam C270を入手して再構築。
オーディオは既に入力出来てるので映像の設定をしてOBS Studio (配信ソフト)でYTに配信してみてました。
当初webcamの映像自動設定状態では受信機のアナログメーターが眩しすぎで潰れてしまったので詳細設定を開いて各種設定をアジャストしてSメーターが見えるように調整できました。
全体が少し暗めになります。
又配信ソフトの設定は小屋での配信を念頭に極端にクオリティ下げてます。



配信後はYTにClipとして残りますが以前と違い自分の動画一覧の最新に出てこない場合も有ってちと不便。
何処かにはあるみたいでw過去に配信した動画で検索すると出てきたりします。
この点は何等かの理由が有るのか当方にはわかりません。
自宅での配信は電柱付近ノイズ多発しているので条件が良い場合に限られます。

C270はPCのモニタに挟んだり机の上に置いて使うように設計されてますが、受信機を映す場合三脚に固定したいです。
但しそのままでは固定できないのでweb上で見つけた簡単な手法を採用。
1/4インチナットを木に埋め込んで三脚側のネジで固定。全て手持ちのものであっという間に完成しました(笑
画像

見栄え良く色でも塗ればいいのですがメンドクサイのでこのままにしときます。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
受信状況配信(記録)アイテム DFSのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる